仕事としては過酷!美容師の仕事

美容室で働く美容師さんの仕事は、実はかなり過酷な労働です。美容室に行ったときに観察するだけでは気づくことのない苦労をスタッフひとりひとりがしています。その苦労の先にお客様の笑顔があると信じ、日々、美容室のスタッフは努力を続けているのです。

美容の専門学校を卒業し、免許を取得しただけでは一人前の美容師と呼ぶには程遠いでしょう。スタイリストと呼ばれる、お客様の髪の毛をカットやその他の技術によってキレイにし、信頼される美容師になるためには長い道のりがあるのです。

まず、美容室に就職してすぐにできるのは、あいさつや掃除などの雑用くらいのものです。そのため、マナーを徹底的に叩き込まれます。雑用についてもきびきびと動かねばならず、かなり神経を使います。そして、立ち仕事であるため肉体的にも過酷であるため、慣れるまではかなりきつい思いをします。就職してすぐに洗礼を受け、肉体的にも精神的にも過酷な仕事であるということに気づかされるのです。この時点で退職してしまう人も少なくありません。

お給料の面でも苦労します。他の業種に比べて初任給は安いことが多く、生活するだけでいっぱいいっぱいです。そのなかで洋服代なども工面せねばならず、この時期には仕送りをしてもらっていたという人もいます。しかし、このような思いをしながらも、スタイリストやオーナーになればかなりのお金を手に入れることもできるので、最初は我慢が肝心でしょう。

雑用を覚えながら、お客様に最初に行う施術はシャンプーです。先輩からの指導を受け、かなりの練習量となります。ひどい手荒れに悩まされる人もおり、これを理由に夢をあきらめなければならない人がいるのは大変つらいことです。このシャンプーが上手になると、お客様から指名がもらえたりすることがあり、これがモチベーションとなっているようです。

カラー、そしてパーマなどの技術も覚えるのはとても大変です。美容師さんの誰もが失敗の経験があるでしょう。失敗をしてしまったときは先輩からかなり怒られます。また、お客様への申し訳ない思いで自己嫌悪に陥ることもあります。カットを含めた技術習得にはかなりの時間を要し、毎日遅くまで練習を重ねます。一人前の美容師になるためには長く過酷な時間が必要なのです。

晴れてスタイリストになった後も、拘束時間が長いことや休憩が取れないことがあるなどの過酷な仕事は続いていきます。美容室での仕事は、他の業種と比べてもハードな部類であると言えるでしょう。

自分メモ(忘れないために)

年賀状|写真がキレイな富士フイルムの2015年年賀状 公式サイト
写真がキレイ!富士フイルムの年賀状

sidemenu